広告 暮らしのα

1人暮らし必見!ちょっといいシングルベッドの選び方とおすすめ3選を紹介します!

2023年9月14日

*当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、Taaです。
このブログでは、「20代から始めるちょっといい暮らし」をテーマに普段の生活をランクアップさせるような「商品」「サービス」を紹介しています。

 

  • 睡眠の質を良くしたい…
  • 寝心地の良いベッドが欲しい
  • 高すぎず安すぎず丁度良いものが欲しい

  今回はこのような悩みがある方に向けた記事です。  

 

生活にベッドは欠かせない家具の一つです。しかし、ベッドは価格帯も幅広く、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

1人暮らしの人なら「シングルベッド」がサイズは良いと思いますが、それ以外の要素はできるだけ金額を抑えて良いものにしたいですよね。

 

この記事で分かること

  • 自分に合ったシングルベッドの選び方
  • ちょっといいシングルベッドの選び方
  • これを選べば間違いなし!ちょっといいシングルベッド3選!

 

この記事を読めば、普段よりちょっといいシングルベッドの選び方とおすすめ「3選」を知ることができます。そして、睡眠の質を高めることができます。  

 

普段よりもちょっといい睡眠をとりたい方は是非、最後までご覧ください。

 

 

数ある寝具の中でも低コスパで高品質なのはLIMNEのマットレスと枕 です。

睡眠の質を高めたい人は是非こちらもチェックしてください。

 

ちょっと良いシングルベッドおすすめ「3選」

LIMNE (リムネ)

 

LIMNEはあまり知られていないブランドかと思いますがとにかくおすすめです。

こちらは少し値段は張りますが、日本人の体形に合う設計をされており、利用的な寝心地へといざなってくれます。多少値段は張っていいが、とにかく質が良良いものが欲しいという人におすすめ!

 

おすすめポイント

  • 日本人の体型を考えた工学設計
  • 特殊素材による圧倒的寝心地
  • 通気性、耐久性抜群
  • 高級感のあるデザイン
  • ご自宅で洗濯可能カバー採用
  • 120日間の返金保証

 

 

無印良品

無印良品は、コスパも良くて質が良いで有名ですよね。

ベッドにおいても同じで、かなり質が良いです。私自身、1年以上使用していますが、へたることなく使い続けられています。1人暮らしだと、脚付きマットレスがおすすめです。

 

おすすめポイント

  • コスパが良くて質が良い
  • 1人暮らしの家にピッタリなサイズ感
  • 脚の色や高さなどをカスタマイズできる
  • 振動が気になりにくく、包み込むような寝心地

 

アイリスプラザ

アイリスプラザにも多くのベッドがあります。その多くがコスパが良いのがほとんどです。1人暮らしの最初のベッドはアイリスプラザという人も多いのではないでしょうか。  

 

おすすめポイント

  • コスパが良くて質も良い
  • 1万円以下で購入できるものが多い
  • 自分に合ったベッドを選ぶことができる
  • 使用している人が多いブランド

 

シングルベッドの選び方

 

シングルベッドを選ぶ際には、以下の「3つ」のポイントを押さえておきましょう。

 

サイズ

シングルベッドの一般的なサイズは、幅95cm×長さ195cmです。このサイズは、平均的な体型の大人1人が寝るのにちょうど良い大きさです。

もし、ゆったりと寝たい場合は、幅100cm以上のワイドサイズを選ぶとよいでしょう。また、部屋が狭い場合は、幅90cm以下のコンパクトサイズもおすすめです。

 

フレームの種類

ベッドフレームの種類には、以下のようなものがあります。

 

フレームの種類

  • すのこベッド
  • 棚付きベッド
  • 収納付きベッド
  • ロフトベッド

 

すのこベッドは通気性が良く、湿気がこもりにくいのが特徴です。

棚付きベッドは、ベッドの下に収納スペースができるので、小物を整理するのに便利です。

収納付きベッドは、ベッドの下に収納スペースがあるので、衣類や布団を収納するのに便利です。

ロフトベッドは、ベッドの下にスペースができるので、勉強や趣味のスペースとして活用できます。

 

マットレス

マットレスの種類には、以下のようなものがあります。

 

マットレスの種類

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • 高反発マットレス

 

ボンネルコイルマットレスは、コイルが連結されているため、全体的に柔らかく寝心地が良いです。

ポケットコイルマットレスは、コイルが独立しているため、寝返りがしやすいです。

高反発マットレスは、弾力性が高いため、寝姿勢をサポートしてくれます。

 

普段よりちょっと良いシングルベッドの選び方

 

ここからは、1人暮らしにおすすめのちょっと良いシングルベッドの選び方をご紹介します。

まず、すべてを良いものにしようとし過ぎてはいけません。後ほど紹介するような中から1つあるいは2つを選びそれを重視して選ぶとちょっといいを実現できます。

 

機能性重視

  • 棚・コンセント付きすのこベッド

棚やコンセントが付いたすのこベッドは、小物を整理したり、スマートフォンやパソコンを充電したりするのに便利です。

 

  • 収納付きベッド

収納付きベッドは、ベッドの下に衣類や布団を収納できるので、部屋を広く使うことができます。

 

  • ロフトベッド

ロフトベッドは、ベッドの下にスペースができるので、勉強や趣味のスペースとして活用できます。

 

デザイン性重視

  • 木製フレームのベッド

木製フレームのベッドは、温かみのある雰囲気で、お部屋をワンランクアップさせてくれます。

 

  • レザーフレームのベッド

レザーフレームのベッドは、高級感があり、お部屋にスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

  • メタルフレームのベッド

メタルフレームのベッドは、シンプルでモダンな雰囲気で、どんなインテリアにも合わせやすいです。

 

コスパ重視

  • 脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッドは、マットレスとフレームが一体型になっているため、価格が比較的安いのが特徴です。

 

  • 組み立て式ベッド

組み立て式ベッドは、自分で組み立てることができるため、価格が比較的安いのが特徴です。

 

まとめ

今回は普段よりもちょっと良いシングルベッドを紹介しました。

 

1人暮らしにおすすめのちょっと良いシングルベッドは、機能性デザイン性コスパのいずれか1つを重視して選ぶと実現できます。

また、自分のライフスタイルに合わせて、ベッドのサイズやフレームの種類を選ぶことも大切です。

こちらの記事も合わせて読んで普段よりもちょっと良い睡眠ライフを送ってください。

 

-暮らしのα
-,